審美歯科治療

    白さはもちろん、歯の形や歯茎の形態までバランスよく整える

    審美歯科

    • 歯と歯茎の間が黒ずんでしまっているのを治したい
    • 色や形が不自然で、歯をみせて笑うのが恥ずかしい

    当院にご相談に来られる患者さまの中には、上記のようなお悩みで来られる方も多くいらっしゃいます。

    歯が気になって思いっきり笑えないという状態は精神的に決して良い状況とは言えず、仕事や人間関係にも消極的になってしまう方もいらっしゃいます。

    当院では、歯の色や透明感などの材質だけではなく、歯の形や歯茎の形態まで総合的に診て、その方に合ったお口元の美をご提案させていただいております。


     

    その人に合った歯の形をプロデュース

    審美歯科

    その人に合ったお口元の美しさを引き出すためには、「歯の形」もとても重要なポイントです。

    審美歯科を掲げている歯科医院はとても多いですが、歯の形や歯茎の形態まで見る歯科医師はまだまだ少ないのではないでしょうか?

    人の印象は、歯の形ですごく変わってしまうもの。当院では、仮歯を作った後に、お話をしたり、笑っていただいて、その人に合った歯の形に調整していきます。

    その人に合った歯の形は、お顔立ちだけではなく、患者さんの服の趣味によっても違ってきます。例えば、フェミニンな洋服が好きな人は、角ばった形の歯よりも、やや丸みを帯びた形の方が似合うんですよ。

    性格や趣味、ライフスタイルまで考慮してた上で、その人らしい、美しいお口元を引き出せるよう努めております。


     

    このような症状も改善できます


    ガミースマイル

    審美歯科

    ガミースマイルとは、笑ったときに歯茎の大部分が見えてしまう状態の事を言います。

    「思いっきり笑えない」「口を開けるのが恥ずかしい」という気持ちは、表情だけでなく、精神的にも大きな影響を与えてしまうもの。ガミースマイルがコンプレックスとなってしまっている人も少なくはないようです。

    ですが、ガミースマイルの治療は、簡単なものであれば10分程度の治療時間でできてしまいますし、出血などもほとんどありません。

    程度や症状によって治療内容もさまざまありますので、まずは担当の歯科医師にご相談下さい。

    →ガミースマイル治療へ


     

    メラニン色素による歯茎の黒ずみやメタルタトゥーの除去

    メタルタトゥーの除去
    メタルタトゥー

    メタルタトゥーとは、差し歯やブリッジなどに使われている金属が歯茎に溶け出して歯肉に沈着し、歯茎が黒ずんで見えている状態のことをいいます。

    メタルタトゥーによる黒ずみを除去するためには、まず原因となっている金属を取り除いた後、黒ずみを除去する処置を行います。

    程度が軽い場合は、レーザーや薬剤によるガムピーリングで除去できますが、金属が歯茎の奥深くまで入り込んでしまっている場合などは歯周外科処置が必要になることもあります。

    また、黒ずみを除去した後も再度メタルタトゥーができてしまわないように、金属を使用しないセラミックなどによる治療をおススメしております。


     

    メラニン色素の除去
    メラニン色素の除去

    「メラニン色素」というと、肌に出来るシミをイメージされる方が多いかと思いますが、実は歯茎にもお肌と同じように、外部からの刺激でシミ(黒ずみ)ができてしまいます。

    主な原因としては、タバコや紫外線、刺激の強い食べ物などが挙げられますが、比較的広範囲に黒ずみが及んでいる場合が多いので、不健康そうに見えてしまったりと悩まれている方も多いかと思います。

    ですが、メラニン色素による黒ずみはメタルタトゥーによる黒ずみと違って、歯茎の表面にのみ生成されているものですので、比較的簡単に除去することができます。

    当院では主に、薬剤を使った歯肉ピーリングをおススメしておりますが、1回の施術でくすみが消え、きれいなピンク色の歯茎に戻ります。

    →歯茎ピーリングへ


     

    ブラックトライアングル

    ブラックトライアングル

    ブラックトライアングルとは、歯と歯の間のすきまと歯肉に囲まれた部分に出来る三角形の隙間のことを指します。

    ブラックトライアングルが出来てしまう原因は、加齢による歯茎の衰退、歯周病による歯肉退縮なども挙げられますが、矯正治療や歯ぎしりによって歯茎が下がってしまった場合などにもよく見られる現象です。

    下がってしまった歯茎、痩せてしまった歯茎は、残念ながら自然に元に戻ることはありません。

    治療法としては、ラミネートベニアやセラミッククラウン、レジンなどで隙間を埋める方法もありますが、ご自身の歯を削ったり、詰め物を詰めて清掃性が悪くなってしまうと虫歯や歯周病のリスクも高くなってしまう事から、当院ではヒアルロン酸による治療をおススメしております。


     

    ヒアルロン酸によるブラックトライアングル治療

    歯茎が下がってしまった箇所にヒアルロン酸を注入することで歯茎にハリと弾力を与え、隙間を埋める方法です。

    歯茎に注射をするだけですので処置も短期間で終わり、ヒアルロン酸を注入した直後から効果を確認できます。

    持続期間は永久的ではありませんが通常は約半年から1年ほど効果が持続し、ヒアルロン酸を使い続けることによってその期間を長くすることが可能になります。


     

    当院での治療例
    ブラックトライアングル治療

    ヒアルロン酸ジェル注入前の写真


    ブラックトライアングル治療

    初回注入3週間後の写真


    ブラックトライアングル治療

    初回注入25ヵ月後の最終的な写真


     

    白く輝く美しい歯に。当院で扱っている審美歯科メニュー


    オールセラミック

    オールセラミック

    患者さまからのご相談で特に多いのが「前歯の歯と歯茎のつなぎ目の部分に黒い隙間ができてしまったので治したい。」というもの。

    これは、「ブラックマージン」と呼ばれるもので、加齢などによって歯茎が下がり、かぶせ物の金属が露出してしまった場合などによく見られるものです。

    虫歯や歯周病といった症状ではないものの、それが原因で思いっきり笑うことができなかったりと、精神衛生上、あまり良くはありません。

    そのような場合は、オールセラミックによる治療がおすすめです。

    オールセラミック治療は、金属を一切使用しないため、裏側の黒い金属色が見える事がありません。また、透き通った白さで自然な光を透過しますので、審美的にも非常に優れています。

    もちろん、金属アレルギーの心配もありませんのでアレルギーをお持ちの方にもおススメの治療法です。


     

    メタルボンド

    メタルボンド

    セラミックの歯に、強度を高めるために金属の裏打ちを付けたものです。

    表側は審美性に優れたセラミックを使用しておりますので、透明感のある自然な色合いに仕上げることが可能です。

    また、金属を使用している分、丈夫で割れにくいという利点がありますが、加齢に伴い歯茎が下がってしまった場合などに、ブラックマージンが現れてしまうことがあります。

    金属アレルギーをお持ちの患者さまの場合は適用できない場合がございます。


     

    ハイブリッドセラミック

    ハイブリッドセラミック

    従来のプラスティックとセラミックの複合材料です。強度・色調は、ちょうど両者の中間的位置にあり、比較的欠点の少ない材料です。

    料金的にも、セラミックの約6割程度ですので、症例に合わせて使うと実力以上の力を発揮する材料です。


     

    ラミネートベニア

    ラミネートベニア

    ラミネートべニアとは、歯の表側だけをごく薄く削り、セラミック製の薄いカバーを貼りつける方法です。前歯の色が気になる方や、手軽に歯並びをきれいに見せたい方などにおススメの治療法です。

    安全で、耐久性があり、しかも美しく自然な感じに仕上がります。セラミックなので歯茎にやさしく、磨耗や変色の心配がありません。


     


TOP