入れ歯治療

    入れ歯だからと諦めないで。噛める、笑える、快適な入れ歯をご提供

    入れ歯

    • 入れ歯が痛くて、好きなものがおいしく食べられない…。
    • 入れ歯をしていると違和感が強く、楽しくおしゃべりできない…。

    当院にも、このようなお悩みで相談に来られる患者さまが多くいらっしゃいます。

    入れ歯について、何かしらの悩みを抱えている方は少なくはないはず。ですが、「入れ歯だからしょうがない。保険だからしょうがない。」と諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか?

    確かに、保険治療は使える材料や時間に制限が出てしまうので、ご提供できる技術も限られてしまうのですが、たとえ保険治療内でもしっかりと丁寧に作成することによって、入れ歯を快適にお使いいただくことが可能です。

     

    院内に専属の女性技工士在籍。スピーディかつ繊細な対応を心掛けています。

    当院では、院内に技工所を併設しており、女性技工士も駐在しておりますので、患者さまと、入れ歯の使い心地やご要望について直接お伺いさせていただいた上で入れ歯の調整をすることも可能です。

    当院で作成された入れ歯の調整はもちろんのこと、他医院で作成した入れ歯についても、その場ですぐに調整やメンテナンスをさせて頂くことが可能です。

    女性ならではの繊細な気配り、気づかいをもって丁寧に作製させていただきますので、ご要望やお悩みなどは是非お気軽にご相談下さい。

     

    より快適な入れ歯を求める方に。コンテストで世界一となった入れ歯技工士とのタッグ

    入れ歯

    当院で入れ歯治療を受けている患者さまは、保険適用内での入れ歯でご満足されていらっしゃる方がほとんどです。

    ですが中には、より快適で、より審美性の高い入れ歯を求められる方もいらっしゃいます。

    そのような患者さまに対しては、自費診療にはなってしまいますが、コンテストで世界一となった入れ歯技工士とタッグを組んだ、より精度の高い入れ歯をご提供させていただいております。

    型取りから噛み合わせ診断、審美性まで、材料にも技術にも一切の妥協をせずに作製しますので、その分作製に時間がかかってしまいますが、保険治療ではできないような精密で適合性の高い入れ歯を作成することが可能です。

     

    当院の入れ歯治療メニュー

    BPSデンチャー

    BPSデンチャー

    BPSデンチャーとは、生体機能補綴システム(BiofunctionalProstheticSystem)の略で、快適さ・審美さ・機能性を極限まで追求した世界基準の入れ歯制作システムです。

    BPSデンチャーは、BPSクリニカルライセンスを持つドクターや技工士にしか取り扱うことが出来ず、また、製作の手順や素材の扱い方などにも非常に高度で専門的な知識と技術を要するため、日本ではまだ取り扱っている医院が少ないのが現状。

    しかしヨーロッパやアメリカなどの歯科医療先進国では、歯科大学の教育プログラムに取り入れられているほど、国際的にも認められているスタンダードなテクニックなのです。

     

    BPSデンチャーと、今までの入れ歯治療との違い

    「型取り」がまったく違う

    BPSデンチャー

    入れ歯を作成するうえで最も重要なポイントは、型取りであるといっても過言ではありません。

    お口の中のより多くの情報が、より正確に型に再現されればされるほど、ピッタリと吸い付くような精密な入れ歯を作製することが出来るからです。

    通常、入れ歯を作成するときの型取りは、上下の顎で片方ずつ行うのが一般的ですが、BPSデンチャーの場合、お口の中の動きを忠実に再現するために上下の顎の型取りを一度に行います。

    この「上下顎同時印象」の技術により、片方ずつの型取りでは再現しきれなかった唇や舌、筋肉なども立体的にコピーすることが出来るようになります。

    さらには、この型取りを、上下の歯を咬み合わせている時の状態だけではなく、お口を大きく開けた時の状態や、つばを飲み込んだ時の状態など、さまざまなお口の動きに合わせて複数回行うことで、日常生活でのさまざまなシーンでも外れにくい、ピッタリと合った快適な入れ歯を作製することが可能になるのです。

     

    BPSデンチャー専用の材料を使用

    BPSデンチャー

    BPSデンチャーでは、入れ歯の歯茎部分(ピンク色の部分)に「イボカップシステム(加熱加圧精密重合レジン)」という材料を使用しています。

    通常、保険で作られる入れ歯には「加熱重合レジン」と呼ばれる材料が使われていますが、この材料は安価である反面、固まった入れ歯の中にたくさんの気泡が出来てしまったり、歪みや変形が起きやすいというデメリットもあります。

    そのため、保険で作られた入れ歯では、どうしても入れ歯が外れやすくなってしまったり、気泡部分に汚れや臭いが付きやすいなどという問題もおきてしまっておりました。

    BPSデンチャーで使用している「イボカップシステム」という材料は、約3トンもの圧力をかけながらレジンを填入して作製されるため、高密度で気泡ができにくく、変形もほとんどありません。

    ピッタリとフィットする精密な入れ歯が作成できることに加え、臭いや汚れが付きにくく、お手入れも簡単におこなうことが出来ます。

     

    ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)

    ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)

    ノンクラスプデンチャーとは、クラスプと呼ばれる金属のバネがない入れ歯です。

    バネを使用していないために審美的に大変優れているのが特徴で、30代や40代といった見た目を気にしてしまうような若い方でも気軽にご選択いただけます。

    また、材料として弾力性に富んだ生体用シリコーンが使用されていますので、歯茎にぴったり密着し、痛みや違和感が少ないのも特徴です。

    メリット
    • バネがなく、薄くて柔らかい素材を使用しているため、ほとんど入れ歯だとわからずに見た目が気にならない。
    • 金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がない
    • バネをかける必要がないため、残っている他の歯への負担が少ない
    • 汚れが付きにくく、お手入れがしやすい。
    デメリット
    • 保険が適用されないため、高額になる
    • 他の自費の入れ歯に比べて素材の耐久性が低く、定期的に作り直しをする必要がある
    • 調整や補修がしにくい素材のため、壊れてしまった場合などには新しく作り直す必要がある

     

    スマイルクラブ - 万が一の故障も保証

    スマイルクラブとは、技工士が作っている保証サービスクラブです。

    スマイルクラブに加入いただくと、スマイルデンチャーが壊れてしまった場合や、他の歯がダメになってしまって作り直しが必要となった場合でも、技工料無料(材料費のみお支払い頂きます。)で何度でも作り直しが可能です。

    加入料1万円をお支払いいただければ年会費無料でその特典を受けて頂くことができますので、故障の際にも費用面の心配なく、安心して作り直しができます。

     

    コンフォート義歯

    コンフォート義歯

    コンフォート義歯とは、入れ歯の裏面の歯茎にあたる部分を「生体用シリコーン」というクッションで覆う、新しい入れ歯の技術を用いた義歯を言います。

    生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだ時の歯茎にかかる負担をやわらげると同時に、まるで吸盤のような密着性を生み出し、非常に高い吸着力を発揮してくれるため、「痛い、噛めない、外れやすい」といった従来の入れ歯の悩みも解消してくれます。

    大阪歯科大学の件乳による咬合力テストでは、コンフォート加工をすることにより、噛む力が通常の入れ歯の2倍になったとのデータも発表されています。

    メリット
    • コンフォートが歯茎をやさしく保護してくれるため、歯ぐきに優しく痛みが少ない
    • 生体用シリコーンの高い吸着力により、食事の際にも外れにくい。
    • 生体用シリコーンの柔軟性が痛みを緩和し、しっかりと噛めるようになる。
    デメリット
    • 保険が適用されないため、高額になる
    • シリコーン部分に汚れが付着しやすいため、専用の洗浄剤でお手入れをする必要がある

     

    金属床

    金属床

    金属床義歯とは、歯茎に触れる部分が金属素材で作られた入れ歯です。

    強度に優れた金属を使用することで非常に薄く作製することが出来るため、お口に入れたときの違和感がとても少ないのが特徴です。

    また、熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいという特徴も持っていますので、お食事をより美味しく味わっていただくこともできます。

    メリット
    • 入れ歯を薄くすることができるのでお口に入れたときの違和感が少ない
    • 金属は熱伝導性に優れているので、食べものの温度を感じやすく、食事を美味しく楽しめる。
    • 耐久性に優れており、割れたり変形したりしにくい。
    • 汚れが付きにくく、お手入れがしやすい。
    デメリット
    • 保険が適用されないため、高額になる
    • 使用する金属の種類によっては、金属アレルギーの原因となってしまうこともある。

     

    より快適に使っていただくためのポイント

    入れ歯の定期メンテナンスのススメ

    入れ歯の定期メンテナンス

    「入れ歯を作った直後は快適でよく噛めていたのに、最近、入れ歯が合わなくなって歯茎が痛くなってきた。」

    長年、入れ歯を使い続けている方の中には、このようなお悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

    入れ歯がどんどん合わなくなってしまうのは、年齢とともに、歯茎が徐々に痩せていってしまったり、長年の使用により歯が磨耗することによって噛み合わせが崩れてしまうことが原因として挙げられます。

    合わない入れ歯をそのままにしていると、お口の中の粘膜を傷つけ、さらには残っている他のご自身の歯にも負担をかけてしまい最悪の場合はその健康な歯まで失ってしまう危険性もあります。

    定期的にメンテナンスを受け、その時その時のご自身のお口の状態にあった入れ歯に調整をしてあげることで快適に使い続けることが出来ますので、そのまま放置せずに是非お早めにご相談下さい。

     

    マッサージで口腔内の健康を維持

    口腔内マッサージ

    現在入れ歯を使っていらっしゃる方に是非おススメしたいのが、「歯茎マッサージ」による口腔内ケアです。

    入れ歯を長く快適に使い続けるためのポイントは、歯茎やお口の中の状態を健康に維持すること。そのためには日頃のブラッシングなどのケアに加え、口腔内マッサージも行ってあげるのがとても有効です。

    また、高齢者の方は唾液腺の機能が衰えていたり、さまざまなお薬の副作用で唾液の分泌量が減り、お口の中が乾燥しがち。お口が乾燥すると、お口の中の菌が繁殖しやすくなってしまいます。

    菌が口の中で繁殖すると、高齢者の方では「誤嚥性肺炎」という病気にかかるリスクも高くなってしまいますので、病気予防のためにも口腔内マッサージでお口の中のツボを刺激し、唾液の分泌を促進してあげましょう。

    口腔内マッサージは、ご自宅で、ご自身でも手軽に行えますが、当院でも、治療の合間などに行うことが可能です。

    歯と歯茎を知り尽くした歯科医師が、ユーカリやマヌーカを含む5種類のブレンドアロマオイルでマッサージをいたします。

    受付ではマッサージ用のアロマオイルも販売しておりますので、ご希望の方は是非お気軽にお声かけ下さい。

     


TOP