歯茎ピーリング

    歯茎を綺麗なピンク色にー歯茎ピーリング

    歯茎ピーリング

    歯茎ピーリングとは、何かしらの理由で黒ずんでしまった歯茎を健康的なピンク色に戻すことができる治療です。

    最近では歯のホワイトニングや審美歯科治療の普及により、歯を白くしたいとご希望されていらっしゃる患者さまが多くなったように思いますが、せっかく白く美しい歯を手に入れても歯茎が黒ずんでしまっていては、どうしても不健康そうに見えてしまうもの。

    歯茎の黒ずみは症状の軽いものであれば簡単な処置で除去できる場合もありますので、まずはお気軽にご相談下さい。

     

    そもそもなぜ歯が黒くなってしまうのか?


    かぶせ物やその土台に使われている金属によるもの(メタルタトゥ―)

    メタルタトゥー

    メタルタトゥーとは、差し歯やブリッジなどに使われている金属が歯茎に溶け出して歯肉に沈着し、歯茎が黒ずんで見えている状態のことをいいます。

    メタルタトゥーによる黒ずみを除去するためには、まず原因となっている金属を取り除いた後、黒ずみを除去する処置を行います。

    程度が軽い場合は、レーザーや薬剤によるガムピーリングで除去できますが、金属が歯茎の奥深くまで入り込んでしまっている場合などは歯周外科処置が必要になることもあります。

    また、黒ずみを除去した後も再度メタルタトゥーができてしまわないように、金属を使用しないセラミックなどによる治療をおススメしております。


     

    メラニン色素の沈着によるもの

    メラニン色素の除去

    「メラニン色素」というと、肌に出来るシミをイメージされる方が多いかと思いますが、実は歯茎にもお肌と同じように、外部からの刺激でシミ(黒ずみ)ができてしまいます。

    主な原因としては、タバコや紫外線、刺激の強い食べ物などが挙げられますが、比較的広範囲に黒ずみが及んでいる場合が多いので、不健康そうに見えてしまったりと悩まれている方も多いかと思います。

    ですが、メラニン色素による黒ずみはメタルタトゥーによる黒ずみと違って、歯茎の表面にのみ生成されているものですので、比較的簡単に除去することができます。

    当院では主に、薬剤を使った歯肉ピーリングをおススメしておりますが、1回の施術でくすみが消え、きれいなピンク色の歯茎に戻ります。


     

    歯周病によるもの

    歯茎の黒ずみは、歯周病によって引き起こされる場合もあります。

    歯周病は歯茎の炎症を伴う病気ですが、歯周病の進行に伴い炎症も進んでしまうと、初期段階では赤く腫れた状態だったものが次第に赤紫色へと変わり、さらに進行すると黒ずんだ歯茎になってしまうのです。

    これは、炎症によって歯茎の中の毛細血管の血流が悪くなってしまうことが原因として挙げられます。

    解決方法としては、適切な歯周病治療を受けるとともに、歯茎の血行を良くするためのマッサージを行うことも有効です。

     

    当院での歯茎ピーリング治療

    歯茎ピーリングの方法はいくつかありますが、当院では主に、下記の方法による歯茎ピーリングをご提供しております。


    薬剤による歯茎ピーリング

    薬剤による歯茎ピーリング

    フェノールという薬剤を使用して黒ずみを除去する方法です。

    これは、フェノール剤が持つタンパク変性作用を利用したピーリング法で、フェノール剤を歯茎の黒ずんでいる部分に塗布することによってメラニン色素とともに粘膜の上皮組織を除去する方法です。

    施術の時間は、片側の歯茎で1回5分程度。沈着の程度にもよりますが、ほとんどの方は1回の施術でくすみが消え、きれいなピンク色に戻ります


     

    治療の流れ
    歯茎ピーリング
    STEP1


    まず、歯ぐき全体をキレイに消毒します。


    歯茎ピーリング
    STEP2


    歯茎の黒ずんでいる部分にフェノール剤を塗布します。個人差によって少しピリピリと感じることがありますが、ほとんどのケースで麻酔は必要ありません。


    STEP3


    30秒後に薬剤をふき取り、水洗い・乾燥をさせて終了です


     

    注意点

    • 施術直後から3日目くらいには歯ぐきが白っぽくなることがありますが、1週間程度で黒ずみとともにかさぶたのようにはがれ、歯茎が本来のピンク色に戻ります。
    • 施術後は、辛いものや酸っぱいものなど、刺激の強い食べ物はなるべく控えるようにしてください。
    • 薬剤による歯茎ピーリングは、メラニン色素による沈着やたばこによる着々食など、表面的な着色が原因の場合のみに有効なピーリング法ですので、歯のかぶせ物などの金属が原因で黒ずんでいる場合には効果が期待できません。下記、レーザーによるピーリングか歯周外科処置が必要となります。

     

    レーザー治療による黒ずみの除去

    レーザー治療による黒ずみの除去

    歯茎の黒ずんでいる部分に直接レーザーを照射し、取り除く方法です

    レーザーの場合は、歯茎の深い部分まで作用しますので、沈着の深度が深いメラニン色素による黒ずみの他、金属が原因のメタルタトゥーに対しても有効です。

    薬剤による歯茎ピーリング同様、ほとんどの方が痛みもなく、1回の施術できれいなピンク色の歯茎を取り戻しております。


     

    歯茎がまた黒ずんでしまうのを防ぐために


    習慣の改善

    タバコ

    歯茎の黒ずみの原因としてとても多いのが、タバコによる色素の沈着です。

    タバコに含まれるニコチンやタールといった成分が歯茎のメラニンを作る細胞を刺激し、歯茎を黒く変色させてしまうのです。

    また、喫煙の習慣は歯ぐきの毛細血管を収縮させ、血流を悪くし、歯周病を促進してしまう原因にもなります。

    歯周病により炎症が起き、さらに血流が悪くなってしまうと、ますます歯茎を黒ずませてしまうことになりますので、本数を減らしたり、禁煙グッツを利用するなどしてタバコの習慣を改善されることをおススメいたします。


     

    金属のかぶせ物や土台を非金属素材に替える

    ファイバーコア

    黒ずみの原因が金属のかぶせ物や土台などが原因のメタルタトゥーである場合、その原因となっているかぶせ物を非金属素材に変える必要があります。

    特に、保険診療で歯の神経を除去する治療を行った場合には、ほとんどのケースで「メタルコア」という金属の土台が使用されているかと思いますが、この金属の土台もメタルタトゥーの原因となってしまいますので「ファイバーコア」という非金属性のものに変えることが推奨されます。

    ですが、かぶせ物の交換と違い、土台を取り外すことは非常に難しいテクニックを必要とすることで、土台の装着のされ方によっては更に歯を削らなければいけなかったり、最悪の場合、歯が割れてしまうかもしれないというリスクも伴います。

    当院ではまず、現在の状況を診断させていただいた上で除去が可能かどうかを判断、ご説明させていただいております。

    保険治療は一時的なメリットとしては手軽に、安価にできる選択肢ではありますが、後々やり直そうとした場合に、必要以上の費用と肉体的ダメージを受けてしまう事にもなりかねません。

    そのようなことにならないよう、当院では治療前のカウンセリングもとても大切にしております。

    →カウンセリングへ


     

    歯周病の治療を行う

    歯周病の治療

    歯周病が原因の黒ずみである場合、歯周病の治療を行うことで黒ずみが解消されていきます。

    当院では、一般的なスケーリング・ルートプレーニングによる歯周病治療の他、レーザーを用いた治療法や、薬で歯周病菌を除去する3DS除菌法なども行っております。

    患者さまの状況やお口の中の状態を拝見させていただいた上で、患者さまに合った治療方法をご提案させていただきますので、まずは一度ご相談にいらしてください。

    →歯周病治療へ


     


TOP