ガミースマイル治療

    笑うと歯茎が見えすぎてしまう…ガミールスマイル治療

    ガミールスマイル治療

    ガミースマイルとは、笑ったときに歯茎の大部分が見えてしまう状態の事を言います。

    「思いっきり笑えない」「口を開けるのが恥ずかしい」という気持ちは、表情だけでなく、精神的にも大きな影響を与えてしまうもの。ガミースマイルがコンプレックスとなってしまっている人も少なくはないようです。

    ですが、ガミースマイルの治療は、簡単なものであれば10分程度の治療時間でできてしまいますし、出血などもほとんどありません。

    程度や症状によって治療内容もさまざまありますので、お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談下さい。


     

    ガミースマイルの原因と治療法

    ガミースマイル

    一言でガミースマイルといっても、その原因はさまざま。原因が異なれば、治療法も全く違ってきます。
    下記では、ガミースマイルの主な原因と当院で行っている治療法についてご紹介させていただきます。


     

    上唇を持ち上げる筋肉が強すぎるため、歯茎が見えすぎてしまう。

    上唇には上唇挙上筋といわれる筋肉が存在していますが、この筋肉が発達しすぎていると、笑ったときに唇が上に引き上げられすぎてしまうため、通常よりも歯茎が多く見えてしまうことがあります。

    このような場合は、上唇挙上筋の働きを和らげる「ボトックス注射による治療」が有効となります。


     

    ボトックス注射とは
    ボトックス注射

    ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種を過度に緊張している筋肉に注射することで、一時的に緊張をほぐす治療法です。

    ガミースマイル治療では、上唇の上げ下げをコントロールしている上唇挙筋郡にボトックスを注入することで過剰に上唇が引き上げられることを抑制し、歯茎が見えすぎてしまうことを防ぎます。

    メスを一切使用せず、薬剤を注入するだけの治療ですので日常生活の制限もなく、手軽に治療できることが特長です。

    ただし、注入量や濃度、注入部位の調整など、ドクターの技術や経験によって結果に差が出てしまいますので、医院選定の際はドクターの実績や経験もしっかりとチェックされることをおススメいたします。


    (※ボトックス注射とは、ボツリヌストキシン製剤の商品名です。一般的にボトックスという名称が普及しているため、患者さまに解りやすいようボトックスという名称を使わせていただいております。)


    ボトックス治療の特徴

    • 1回の通院で治療が終了します。
    • 注入後の日常生活にも全く支障はなく、副作用もほとんどありません。
    • 注入後の痛みや腫れもほとんどなく、周囲の人も気づかれません。
    • 術後2-3日で効果がではじめ、その効果は約4~6ヶ月ほど続きます。※注入を中止すれば自然に元に戻ります。
    • 効果が切れる前に再度注入することで、効果を持続させることができます。

    →ボトックス注射について


     

    歯茎が発達しすぎている、もしくは、歯に歯茎がかぶっているため、歯茎が見えすぎてしまう。

    歯茎が発達しすぎている場合などで歯よりも歯茎の割合が大きくなると、少し笑っただけでも歯茎が見えてしまいます。
    このような場合は、歯肉整形によるガミースマイル治療が有効です。


     

    歯肉整形とは

    歯肉整形とは、半導体レーザーを使って歯茎をカットし、歯茎の形を整える方法です。ガミースマイルの治療はもちろん、歯茎の高さが不揃いな時などに、歯茎ラインをキレイに整える際にも用いられる治療法です。

    基本的には1回の通院で終了。出血もほとんどなく、簡単なものでしたら10分程度の治療時間で終わります。

    ただし、あまりカットしすぎてしまうと歯根が見えてしまい、虫歯や知覚過敏のリスクが高くなってしまうなどといった注意点もあるため、適応症例の見極めが重要になります。

    ケースによっては、上記のボトックス注射と併用が推奨される場合もあります。


    歯肉整形治療の特徴

    • 1回の通院で治療が終了します。
    • 術後の腫れはほとんどなく、日常生活にも支障はありません。
    • レーザーで切った後の傷も、約2週間ほどで目立たなくなります。
    • 歯や骨をいじらないので、身体的負担が少なくて済みます。

     


     


TOP