インプラント治療

    インプラント専門医や麻酔医との連携

    インプラント専門医

    当院では、より専門的で高度な治療を患者さまにご提供するため、インプラント治療に関してはインプラント専門医、麻酔専門医と連携を取りながら治療を進めさせて頂いております。

    インプラント治療は非常に素晴らしい治療ではありますが、外科手術を伴う高度な技術を必要とする治療。また、新しい技術や材料もどんどん開発されており、一人の歯科医師が他分野と並行し、常に最新の知識と技術を習得し続けることは非常に困難を極めます。

    もちろん、症例によっては比較的簡単な手術で済む場合もありますが、私は、患者さまにとってベストな治療をお届けするためには、自分一人ですべてをまかなうのではなく、私がその患者さまにとって一番良いと思える信頼のできる専門医に来ていただき、専門医の力を借りながら連携を取って治療を進めていくことがベストであると考えています。


     

    当院で連携をしている専門医について


    日本口腔インプラント学会専門医

    日本口腔インプラント学会専門医とは、数あるインプラント学会の中でも最大の学会である「日本口腔インプラント学会」が定めた専門資格です。

    日本口腔インプラント学会は歯科業界最大の学会であり、約14,000人の会員が所属しておりますが、そのうち専門医の資格を与えられているのは、わずか900人ほど。その試験の難易度からも、取得が非常に難しい資格です。

    当院では、インプラント治療をはじめ、難易度の高い親知らずの抜歯や移植手術、粘膜疾患に関しては、専門の知識と技術を有した専門医が担当いたします。


     

    日本歯科麻酔学会専門医

    麻酔専門医とは、あらゆる患者さんに対し、痛くなく、安全で快適な歯科治療や手術を提供するための麻酔技術を持つものとして認定を受けた歯科医師に与えられる称号です。

    とくに、インプラントや外科治療など、長時間に及ぶ歯科治療を行う際に用いる「静脈内鎮静法」などは、心拍数や血圧などといった、全身の管理を綿密に行いながら進めていかなくてはならず、非常に幅広い知識と施術技術を伴う麻酔法。専門医の存在なしには進められない技術です。

    当院では、インプラント治療をはじめ、大きな外科手術を行う際や、歯科恐怖症の患者さまで鎮静麻酔をご希望の方に対しては、麻酔専門医と連携して治療を進めさせて頂いております。


     

    静脈内鎮静法とは

    静脈内鎮静法とは、高い鎮静効果を持つ薬を血管内に直接注入することで鎮静状態を得る麻酔方法です。

    静脈鎮静法による麻酔を行うと、ほぼ眠った状態になってしまうことが多いため、治療中の記憶はほぼありません。

    患者さまにとっては眠っている間に治療が終わってしまうため、精神的な負担は少なくて済みますが、その反面、安全に行うためには高い技術が必要となります。

    当院では、一般歯科治療の際はほとんど痛みを感じさせないよう工夫をしておりますが、どうしても治療が怖い、苦手、という方には専門医と連携した静脈鎮静法による歯科治療を提供しております。

    →無痛治療を徹底しますへ


     

    顎の骨が薄いと言われた方へ

    インプラント専門医

    骨の量が足りないため、インプラント手術は難しいです。

    インプラント治療を検討された方でも、上記のような理由により治療ができなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

    確かに、以前は骨が足りなければインプラント治療は不可能といわれてきましたが、近年の歯科医療の発達によってさまざまな技術や材料が開発され、現在では骨が少ない人でもインプラント治療が受けれるようになりました。

    もちろん、それぞれ高い知識とテクニックが必要な手術ですので対応できる医院は限られていますが、当院ではそのような新しい技術も駆使し、骨が少ない場合でもインプラント治療を受けれるよう、環境を整えております。


     

    骨が少ない場合の治療方法


    GBR法

    主に下あごの骨の高さや幅が足りない場合に用いられるテクニックです。

    具体的には、骨が不足している部分を「バリアメンブレン」とよばれる膜で覆って骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになる素材を詰めて、骨の再生を促していきます。

    術式としては、主にインプラントの埋入と同時に行う方法と、インプラント埋入前に行う方法の2種類があります。

    インプラントの埋入と同時に行う方法の方が患者さまの負担は少なくて済むのですが、骨の量が大幅に足りない場合には適応ができないため、その場合はGBR法により増骨手術を行ってから4~8ヶ月間骨が再生するのを待ち、再生後に改めてインプラント埋入手術を行う方法を取ります。

    GBR法

     

    ソケットリフト法

    主に上あごの骨の高さが少量だけ不足している場合に用いられるテクニックです。

    上あごの奥歯の上には上顎洞と呼ばれる空洞の部分があるのですが、骨の高さが足りないと、インプラントを埋入した際にインプラントが上顎洞につき抜けてしまうため、インプラント治療ができません。

    その場合は、ソケットリフト法により、インプラントを埋入する部分から骨のもとになる素材を詰め、上顎洞を押し上げるように人工の骨を作る方法がとられます。

    骨の移植と同時にインプラントの埋入が可能ですので患者さまの負担も少なく、期間も短くて済むというメリットがあります。

    また、比較的簡単な手術ですので対応できる医院も多くありますが、補てんできる骨の量はそれほど多くないため、大幅に増骨が必要な場合には、下記のサイナスリフト法により増骨手術を行うことになります。

    ソケットリフト法

     

    サイナスリフト法

    主に上あごの骨の高さが大幅に不足している場合に用いられるテクニックです。

    ソケットリフト法が歯の生えていた部分(インプラントを埋入する部分)からアプローチするのに対し、サイナスリフト法は歯の合えていた部分の側面から歯ぐきを切って骨のもととなる素材を埋め込みます。

    多くの場合は、サイナスリフト法により増骨を行ってから6ヶ月~1年後、骨ができてから改めてインプラント埋入手術をしますので、期間も長くかかりますし患者さまの負担も大きくなってしまいます。

    また、手術の難易度も高いため、対応できる医院もそれほど多くはありません。

    当院ではもちろん、サイナスリフトにも対応しておりますので、その術式により増骨するかの診断も含め、安心してお任せいただければと思います。

    サイナスリフト法

     

    状況により、インプラントをおススメしない場合もあります。

    インプラント治療はとても素晴らしい治療法の一つですが、状況により、インプラント治療をおススメしない場合もあります。


     

    高齢の場合

    高齢の場合

    高齢者の場合でもインプラント治療を受けて頂くことは可能ではありますが、将来的に介護が必要になってしまった場合のことを考え、インプラント治療をおススメしない場合もあります。

    基本的に、インプラント治療を受けた後は必ずメンテナンスのために定期的に通院していただく必要があります。

    なぜならば、インプラント自体は人口の歯ですので虫歯になったりはしないのですが、毎日のケアが不十分であったり、歯科医院による定期的なメインテナンスを受けていないと、インプラント周辺に歯周病菌が繁殖してしまい、「インプラント歯周炎」という病気になってしまう可能性があるからです。

    症状としては、歯周病と同じような症状なのですが、インプラントの場合、天然歯の周りの組織よりも栄養血管が少なく、炎症に対する抵抗性が極めて低いため、インプラント歯周炎は一度発症してしまうと症状が進みやすいという特徴があります。

    ですが、インプラント施術を受けていて、ご高齢で介護が必要になってしまった場合、定期的にメンテナンスのためにご来院頂くことが難しくなります。

    そして、メンテナンスやケアが行き届かず、インプラント周囲炎を発症しまうと、歯周病菌が急速に繁殖し、口腔内環境のみならず、誤嚥性肺炎などといった全身における疾患を発症する危険性があるのです。

    ただし、考え方によっては、インプラント治療を行うことでしっかりと食事ができるようになり、体の健康を維持し、それによって寝たきりになるのを防止するという考え方もありますので、年齢やお体の状況により判断いただければと思います。


     

    若年者の場合(18歳以下)

    中学生

    18歳以下の成長期にあたる方の場合はインプラント治療を行うことができません。

    インプラント治療は、インプラントを顎の骨に埋め入れる治療法ですが、埋め込まれたインプラントはその場所から動くことはありませんので、まだ顎の骨の成長が続いている若年者にインプラント治療を行ってしまうと、顎の成長とともにインプラントを埋めた位置も動いてしまい、歯並びや噛み合わせに不具合が出てしまう可能性があるからです。

    顎の成長が止まる時期は個人差があるため、治療の時期をしっかりと見極めることが必要です。

    年齢による制限のためにインプラントが出来ない期間は、歯のないまま放置せず、隣の歯が動いたりしてこないよう、入れ歯などの補綴手段で一時的に補うことが大切です。


     

    全身の健康に問題がある場合

    循環器疾患や、糖尿病の方など、全身の健康状態によってはインプラント治療ができない場合があります。

    ただし、症状が軽度であれば問題ない場合もありますので、下記のような疾患をお持ちの方は、各疾患の主治医の先生とも相談の上、手術が可能かどうかを判断する必要があります。


     

    インプラント治療のながれ

    インプラント治療

    1)レントゲンやCTで丁寧な診断とご納得がいくまで説明いたします。


    インプラント治療

    2)歯の抜けたところへインプラントを植立し、あごの骨に固定されるまで1~2ヶ月待ちます。その間、仮歯も装着できます。


    インプラント治療

    3)インプラントによるしっかりとした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。


    インプラント治療

    4)インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一度は定期健診が必要になります。


     


TOP