インビザライン

    透明で取り外し可能な矯正装置ーインビザライン

    インビザライン

    インビザラインとは、全世界で、既に400万人以上(2017年現在)の治療実績のある治療装置です。

    最近では、さまざまなメディアや広告で取り上げられているため、当院に相談に来られる患者さんでも、インビザラインをご希望されてくる方が多くなりました。

    食事中は外すことが出来るので、「矯正治療をすると好きなものが食べられないので嫌だ」などの理由で治療を敬遠していた方々にはおススメの治療法です。

    当院では、年間インビザライン症例数151以上の歯科医師に与えられる「インビザラインダイヤモンド・プロバイダー」に認定されたDr伊藤が、インビザライン症例を担当・監修しております。

    インビザラインのメリット

    • 透明感があり、装着していても目立たない。
    • 食事時や歯磨きの際に取り外し可能なため、食事制限がなく、また、お口の中の衛生状態をより良く維持することが出来る
    • 3Dアニメーションにより、計画された歯の移動を事前に確認することが出来る
    • 通院回数が少なくて済む。(1.5ヶ月~3ヶ月に1回)
    • 矯正治療中でも、吹奏楽や格闘技などのスポーツも行うことが出来る。
    • 金属を使用しないため、金属アレルギーの方でも安心して治療できる

    インビザラインのデメリット

    • 1日20時間以上つけている必要がある。
    • 外科処置を必要とするような重度の症例など、適応できない症例もある。

    当院のインビザラインドクター

    インビザラインドクター

    インビザラインダイヤモンド・プロバイダー伊藤剛秀

    インビザラインプラチナエリート・プロバイダーとは、インビザライン矯正の開発者であるアライン・テクノロジー社が認定したプロバイダー制度の中の称号です。

    プロバイダー制度は年間の症例数に応じてランクが分かれており、具体的には下記のようにランク付けされています。


     

    プロバイダー名症例数(年間)

    プロバイダー名 年間症例数
    ブロンズ 1~10症例
    シルバー 11~20症例
    ゴールド 21~50症例
    プラチナ 51~80症例
    プラチナエリート 81~150症例
    ダイヤモンド 151~400症例


    インビザライン治療は、施術するドクターの経験値によって、治療結果や治療期間に大きく差が出る治療。
    矯正歯科医院選びをする際は、値段の安さだけではなく、是非ドクターの経験や技術力に注目していただければと思います。


    精密・正確な型どりが可能な、口腔内スキャナ―(iTero)を導入

    iTero

    口腔内スキャナ―(iTero)とは、マウスピースを作製するために必要な歯型を、シリコン材料などの印象材ではなく、3D光学スキャニングにより取得する最新の機器です。

    非常に高額で新しい機械のため、日本ではまだまだ導入している医院は少ないのが現状ですが従来の印象材による型取りよりも、はるかに精度の高いデータが取得できるのが特徴です。


     

    「iTero」のメリット


    • 印象材を使用しないため、印象材や石膏硬化時の変形がなく、精密な型取りをすることができる。
    • 粘土のような材料をお口に入れる必要がないため、嘔吐反射の強い方でも歯型を取ることができる。
    • 短時間で歯型を取ることが出来るため、患者さまの負担が少ない。
    • スキャニング結果をすぐにその場で画面にて確認できるため、模型の作り直しなどで何度も来院する必要がない。
    • スキャニングしたデータをその場でアメリカに送信できるため、従来の模型による歯型の場合、約2~4週間かかっていたシミュレーション結果も2~3日で確認することができる

     

    インビザライン治療の流れ

    カウンセリング

    歯並びやお口元の状態などで気になっていること、ご要望、治療に対する心配事など、なんでもお話しください。治療についての大まかなご説明、見通し、お見積りなどをさせて頂きます。

    また、場合によっては口腔内写真もお撮りしてご説明いたしますが、写真だけではわからないことが多いですので、詳しい情報や診断をご希望の場合は、精密検査を受けていただくことになります。


    精密検査

    より確実に、より安全に矯正治療を行うために、精密検査を行います。精密検査では、口腔内診察、レントゲン撮影、写真撮影(顔や口の中)、矯正装置(アライナー)を作成するための歯型取りを行います。


    治療計画の説明

    精密検査の結果を踏まえ、具体的な治療計画(治療法、スケジュール、費用など)をご説明します。

    治療についてのご希望や疑問、不安なことなどはすべてお聞かせください。ご説明させていただき、納得して頂いたうえで治療を開始いたします


    矯正装置の作製、治療開始

    患者さまの矯正装置(アライナー)を作製させていただきます。

    装置が完成しましたら、ご来院いただき、矯正装置を実際に着脱していただきます。あわせて治療計画を再度ご説明し、矯正装置の管理方法などについてもご説明いたします。

    治療期間中は2ヶ月に一度、ご来院いただき治療経過の確認を行っていただきます。


    保定期間

    歯並びが整っても、まだ終わりではありません。従来の矯正装置でも同じですが、インビザラインでも後戻りを防ぐための保定期間があります。

    目安としては、歯が安定するまで約2年ぐらいはリテーナーと呼ばれる保定装置を付けて頂きます。


     


TOP