無痛治療を徹底します。

    無痛治療

    • 麻酔をするときの、チクッとした痛みがイヤ
    • 歯を削るときのドリルの音や振動が怖い

    このような理由で、歯科医院が苦手、怖いと思っている方も多いのではないでしょうか?

    中には、子供の頃におこなった歯科治療がトラウマとなってしまい、歯科医院に行くことが出来なくなってしまった方もいらっしゃいます。

    当院では、患者さまにそのような恐怖心や痛みを感じさせぬよう、さまざまな取り組みを行っております。


     

    歯科治療は、なぜ「痛い」のか?

    治療中の「痛み」を抑えるには、まずその痛みが、何から来ているものなのかを把握する必要があります。
    ここでは、治療中に発生する痛みとその原因、当院行っている対策について解説させていただきます。


     

    麻酔針を指す時のチクッとした痛み

    通常、虫歯治療で歯を削る必要があるときは、しっかりと麻酔を効かせてから治療に入りますので痛みを感じることはありません。
    しかしながら、その痛みを緩和するために打つ麻酔注射のチクッとする痛みが苦手、という方も少なくはないのでしょうか?

    この痛みを押さる方法として挙げられるのは、下記の2つの対策が考えられます。


     

    表面麻酔を使用する
    表面麻酔

    麻酔針を指す前に歯茎に「表面麻酔」をぬり、歯茎表面の感覚を麻痺させることで痛みを抑える方法です。

    表面麻酔自体はジェル状の塗り薬ですので、まったく痛みを感じることはありません。

    歯科業界ではたくさんの種類の表面麻酔薬が開発されているのですが、表面麻酔は手間と時間がかかってしまう上に、表面麻酔をしたからと言ってその分の治療費を請求できるわけでもないため、使用していない歯科医院の方が多いのが現状。

    当院では、たとえ手間や時間、費用が掛かってしまっても、患者さまの負担を少しでも減らせるよう、表面麻酔を使用した治療を実践しております。


     

    なるべく細い針を用いて、痛点を避けながら注射する
    なるべく細い針

    麻酔注射に使う針をなるべく細くすることで歯茎へのダメージを最小限にし、痛みを抑える方法です。

    ただし、患者さまの歯茎の状態や麻酔をする場所によっては、必ずしも極細の針を使用することが適切とは限らない場合もあります

    そのような場合には、痛みを感じる「痛点」をできるだけ避けながら注射針を打つことで痛みを抑えるようにします。

    非常に高度な技術と経験を要するテクニックではありますが、患者さまに安心して治療を受けて頂けるよう、日々、技術の向上に努めております。


     

    麻酔液を注入するときの痛み

    麻酔の時に感じられる痛みは、針を刺した時の痛みだけではありません。麻酔針を刺した後、麻酔液を歯茎に注入している時にも違和感や痛み感じることがあります。

    「麻酔液を注入するだけなのになぜ痛いの?」と不思議に思う方もいるかもしれませんが、これは麻酔液が体内に入ってくる際に、圧力の変化や温度の変化を歯茎が敏感に感じ取ってしまうためにおこる痛みです。

    つまり、上記の痛みを軽減するためには、麻酔液をあらかじめ体温と同程度まで温めた上で、なるべく圧力がかからないよう、ゆっくりと一定のスピードで注入してあげる工夫が必要です。


     

    麻酔液を体温と同じぐらいの温度まで温める
    カートリッジウォーマー

    通常、麻酔液は体温よりも低い室温で保管されています。その、冷たいままの麻酔液をそのまま使用してしまうと、その温度の変化により痛みを感じてしまう場合があります。

    当院では、麻酔液を使用する前に、カートリッジウォーマーと呼ばれる専用の機械を使って麻酔液を体温と同じぐらいの温度(約37度)に温めてから使用しています。

    これにより、温度の変化による痛みの発生を抑えることが可能になります。


     

    麻酔液をゆっくりと一定のスピードで注入する
    麻酔テクニック

    麻酔液を体内に注入する際、必要以上に力を入れすぎてしまったり、注入スピードが一定でなかったりした場合にも、歯肉に圧力がかかってしまい痛みとなって感じられることがあります。

    この痛みを抑えるためには、歯茎に圧力がかからぬよう、なるべくゆっくりと一定のスピードで麻酔液を注入してあげる必要があります。

    麻酔液の注入スピードは、注射する場所や症状などによっても最適な速度が異なるため、症状の見極めや力の入れ具合などの調整が必要な高度な技術になりますが、当院に通われている患者さまからは「まったく痛みがなかった」「注射しているのが解らなかった」などといったお声もいただけております。


     

    恐怖心からくる痛み

    歯科医院が苦手だという患者さまの中には、過度の緊張や恐怖心で刺激に対して敏感になってしまい、必要以上の痛みを感じてしまうケースも少なくありません。

    そのような、恐怖心や緊張感、苦手意識からくる「痛み」の場合当院では主に、下記の方法により痛みを軽減するように工夫しております。


     

    丁寧なお声がけ、カウンセリング
    カウンセリング

    人間にとって、未知のものとの接触は非常に恐ろしいもの。その不安や恐怖は、人を容易にパニックに突き落とすことが出来るほど強烈なものです。

    そして、それは歯科治療を行う際にも起こりうること。

    もし、どこをどのように治療するのかも知らされず、いつ急激な痛みが襲ってくるかもわからない状態で、目隠しをされながら歯を削られる。という状態で治療をされてしまったら、その緊張感とストレスから、ちょっとした刺激にも過敏に反応してしまうようになるでしょう。

    当院では、患者さまに安心して、リラックスした状態で治療を受けて頂けるよう、治療前のご説明、治療中のお声がけを徹底しています。

    治療に対して少しでも不安が残っている場合は、その不安な気持ちがなくなるまで患者さまと向き合い、話し合い、信頼をしていただいた上で治療を開始するようにしております。


     

    笑気麻酔の使用
    笑気麻酔

    笑気麻酔とは、「笑気ガス」と呼ばれる亜酸化窒素ガスを吸引することで不安や恐怖心を軽減させ、気持ちを落ち着かせる方法です。

    専用の鼻マスクを使用して笑気ガスを吸引するだけで、ほんの1~2分で怖さがやわらぎ、穏やかで心地よい気分になります。

    麻酔が効いている間は少し頭がぼんやりしたり、ほろ酔い気分に似た感じがしたりしますが、下記の静脈鎮静法と違い意識はしっかりとある状態ですので、医師との会話もできますし治療中の記憶も残ります。

    笑気麻酔は副作用リスクが非常に低く、お子さまでも安全な治療法のため、歯科医院がどうしても苦手な方や、治療中に暴れてしまうお子さんでも安心して治療を受けて頂くことが出来ます。


     

    静脈内鎮静法
    インプラント手術

    静脈内鎮静法とは、笑気麻酔よりもさらに高い鎮静効果を持つ薬を血管内に直接注入することで鎮静状態を得る麻酔方法です。

    笑気麻酔では十分に効果が得られない患者さんや、難しい親知らずの抜歯やインプラント手術など、比較的大きな手術を行う場合に用いられることがほとんどです。

    静脈鎮静法は笑気麻酔と違い、ほぼ眠った状態になってしまうことが多いため、治療中の記憶はほぼありません。

    患者さまにとっては眠っている間に治療が終わってしまうため、精神的な負担は少なくて済みますが、その反面、安全に行うためには高い技術が必要となります。

    当院では、静脈鎮静法を行う場合は専門の知識と技術を持った麻酔専門医と提携し、より安全で確実に治療ができるよう、環境を整えております。

    インプラント治療時はもちろん、歯科恐怖症などでどうしても治療が受けられないような場合にも有効な治療方法ですので、ご希望の場合はお気軽にご相談下さい。


     

    歯をほとんど削らない、ドックベスト治療

    ドックベスト治療とは?

    ドックベスト

    ドックスベスト治療とは、虫歯をすべて削って除去するという従来の虫歯治療とは全く異なり、薬を使ってミネラルの力で虫歯を殺菌するという、新しい考え方の虫歯治療です。

    従来の虫歯治療の場合、削り残しによる虫歯の再発を防ぐため、虫歯の部分だけではなく、健康な歯の部分まで削りとらなければいけないというデメリットがありました。

    ですが、ドックスベストセメントを用いた虫歯治療は、セメントに含まれる銅イオンや鉄イオンなどのミネラルの殺菌力を利用し、虫歯を除去せずに無菌化するという治療法のため、歯を削る量を最小限に抑えることが可能です。

    特に、神経の近くまで虫歯が進行している場合、今までの治療法では、虫歯を完全に除去しようとすると神経まで達してしまうため、神経を取り除く必要がありましたが、ドックスベストセメントを使用することで神経を抜かずに済む可能性が高くなります。

    歯は、神経をとってしまうと脆く割れやすくなりますし、寿命も短くなってしまいますので、ご自身の歯を守るためにも、とても有効な治療法と言えるでしょう。


    メリット

    痛みが少ない
    必要以上に歯を削らないので、ほとんどの場合は痛みを感じず、麻酔なしでも治療ができます。

    歯の神経を残せる可能性が高い
    神経近くの虫歯を、削らずに無菌化して固めてしまうことで、神経を残せる可能性が高くなります。

    根の殺菌にも有効
    根管治療を行う際に充填剤としてドックスベストセメントを使用することにより、殺菌効果により細菌の繁殖を抑えることができる。


    デメリット

    保険治療が効かない
    このお薬は日本ではまだ保険治療として認可されていないので、自費治療となります。

    歯の状態によっては、適用できないケースもある。
    虫歯がすでに神経に達している場合や痛みがひどい場合には、適用できない場合があります。


     

    虫歯の部分だけを溶かして取り除く。カリソルブ

    カリソルブ

    カリソルブ治療は、健康な歯質をほとんど削らない虫歯治療として注目を集めている治療法です。

    スウェーデンで1998年に認可され、現在ではヨーロッパをはじめ、世界各国で一般的な治療として普及してきています。 日本では2007年に厚生労働省に認可され、テレビ番組をはじめとする様々なメディアで紹介されるようになりました。

    カリソルブは、健康な歯の部分には作用せず虫歯の部分のみに作用して柔らかくするという特殊な性質を持つ薬剤ですので、健康な歯質をほとんど削ることなく虫歯部分のみを除去することが可能です。

    ドリルの使用を最小限に抑えられ、ほとんどの処置において無麻酔または麻酔の量を減らすことができます。

    メリット

    • 健康な歯の部分を傷つけずに、虫歯部分のみを除去することができる
    • 深い虫歯でも神経を残せる可能性が高まる
    • 麻酔を使用しなくても治療時の痛みを感じない

    デメリット

    • 使用する薬剤が保険適用外であるため、自費治療となる
    • 従来の虫歯治療より1回の治療時間が長くなる

     


TOP