口腔がん検診

    お口の中にも癌ができることをご存知ですか?

    口腔がん検診

    日本では口腔がんは、がん全体の約2%ほどですが、患者数が年々増え続けており、死亡者数もそれに比例して増え続けている状況です。

    口腔がんは初期段階で発見・治療ができれば後遺症もほとんどなく回復が見込めますが、進行して手術が必要となった場合、舌や顎の骨を切断してしまったり、顔が変形したりすることがあり、そのために「食べる」「飲む」「話す」「呼吸する」などといったお口の機能が妨げられ、「生活の質」が大きく低下してしまう場合があります。

    当院に毎月口腔ケアに来ていた患者さまの初期の舌癌を恵子先生が発見し、無事、局所麻酔での治療が出来、術後の経過も良好とのことです

    早期発見さえできれば十分に回復が見込めますので、取り返しのつかない状態になる前に、定期的に検査をして早期発見に努めて頂きたいと思います。

     

    「口腔がん」とは、こんな病気です

    • 日本では、白血病より罹患者数が多い病気です
    • 年間7,000人が口腔がんにかかり、そのうち3,000人が死亡しています。
    • 先進国で唯一、日本だけが罹患者数が増え続けています。
    • 肺がんや大腸がんなどと一緒で、進行すると命にかかわります。
    • 早期に発見し、初期段階で治療を行えば、十分に回復が見込めます。
    • 初期の場合、口内炎や歯周病と間違われやすい特徴があります。

     

    口腔がんの進行段階と5年後の生存確率

    口腔がん

    口腔がんの5年生存率は60~80%と言われています。

    初期段階のうちに発見すれば簡単な治療で治すことができ、後遺症もほとんど残ることがなく5年生存率は90%以上との報告もあります。

    しかし、進行した口腔がんでは、手術により舌や顎の骨を切除したり、それにより顔が変形したりすることがあるために食事や会話が困難になり、日常の生活に大きな支障を残すことになります。

    だからこそ、相違発見が重要になります。

    5年後の生存確率 症状
    ステージⅠ 90%

    「早期がん」と呼ばれる状態

    • 痛みなどの自覚症状は少ない
    • 口内炎や歯周病と間違われやすい
    • 簡単な治療で治すことができれ後遺症もほとんど残ることはない
    ステージⅡ 70%
    ステージⅢ 60%

    「進行がん」と呼ばれる状態

    • 痛みやしこりなどの自覚症状が出てくる
    • 舌や顎の骨を切除したり、顔が変形するほどの大きな手術になることがあるため、食事や会話が困難になり日常生活に多いな支障を残すことになります。
    • 口腔がんは最も自殺率が高いがんと言われており、手術で容貌が変わってしまったことを苦に自殺してしまうケースもあります。
    ステージⅣ 40%

     

    口腔がんを疑う、10のポイント

    口腔がんの自覚症状で最も多いのが口腔内の痛み。その他、しこり・腫れ・ただれ・出血・歯茎のぐらつき・口臭などが挙げられます。

    しかし初期段階では痛みが少なく痛みが出てきたときは既に進行していることがほとんどですので、舌や歯肉の盛り上がり、硬いしこり、なかなか治らない口内炎などの症状には注意が必要です。

    1. 1日にたばこを40本以上吸う
    2. 毎日、度数の高いお酒を飲む
    3. 口内炎が2週間以上治らない
    4. 口の中にできた傷か治りにくい
    5. お口の中に白っぽいできものがる
    6. お口の中が赤くただれている
    7. お口の中に硬いしこりがある
    8. 原因不明の歯のぐらつきがある
    9. 口臭がある
    10. 首のリンパが腫れている

     

    口腔がん検診を受けましょう

    オーラルID

    当院では、蛍光発光技術を利用した口腔がん検診システム「オーラルID」を導入しております。

    オーラルIDは、特殊な波長の光を口腔内に照射するだけで、肉眼では見えない深部に広がったガンや病変を早期に見つけることができる検査キットです。

    光を当てるだけの検査ですので痛みもなく、注射や薬剤も一切使用せずに検査ができるので身体への影響はありません。

    検査自体も5分ほどで終了しますので、年に1回は口腔がん検診を受けることをおススメいたします。

     

    オーラルIDによる口腔ガン・病変発見事例

    口腔ガン
    浸潤性扁平上皮癌
    口腔ガン
    上皮内癌
    口腔ガン
    形成異常
    口腔ガン
    ヒトパピローマウイルス
    口腔ガン
    悪性エナメル上皮腫
    口腔ガン
    細菌感染を伴う形成異常(中度)

TOP