いびきの治療・睡眠時無呼吸症候群

    いびき

    最近は、「いびき」によるご相談を患者さまからお受けすることが多くなりました。

    歯ぎしりと同じように、自分ではなかなか気が付きにくい「いびき」ですが、いつも一緒に寝ている人にとってはとても深刻な問題…。

    さらに、最近ではいびきの背景にある大きな病気にも目を向けられるようになったため、「ただの迷惑な悪癖」から「命に係わる深刻な病気」と意識が変化してきたのではないかと思います。

    いびきをかいているという事は、眠りが浅く熟睡できていない証拠でもあります。

    • 最近、どうも目覚めが悪い…
    • しっかり睡眠をとっているのに、昼間も眠気に襲われる…

    こんな症状にお心当たりがある方は、是非一度、ご相談にいらしてください。


     

    いびきの原因とメカニズム

    いびきの原因とメカニズム

    いびきは、「上気道」と呼ばれる空気の通り道が何らかの理由で狭くなってしまうことで、空気抵抗が大きくなり、呼吸をしたときに粘膜が振動することで起こります。

    上気道が狭くなってしまう原因は人によってさまざまですが、実は、いびきをかく人のほどんどが口呼吸をしていると言われるほど、いびきと口呼吸は密接なつながりを持っています。



    口呼吸がいびきにつながる理由

    口で呼吸をしていると鼻呼吸に比べ「軟口蓋(なんこうがい)」と呼ばれる、口の中の奥の天井(上あご)の柔らかい部分が落ち込みやすくまります。

    軟口蓋が落ち込んでしまうと、その分気道を狭くしてしまいますので、いびきが発生しやすくなります。

    また、軟口蓋だけではなく、舌が落ちてしまうことで気道をふさいでしまう場合も多くあります。

    普段から口呼吸をしている人は、舌の筋肉が衰えている傾向がありますので睡眠中に舌を支えていられなくなり、寝ると重力の影響で舌が落ちてしまうのです。

    若いころよりも、年を取ってくるといびきをかきやすくなるのも、このためです。

    このような場合は、口のまわりの筋肉を鍛えることで舌が落ちてくることを防ぎ、いびきをかかないようにすることが可能です。


     

    実は怖い、いびきの弊害

    いびきの弊害

    • 周りの人から、いびきをかいていると指摘されたことがある。
    • 自分のいびきで目が覚めてしまったことがある。

    そんな経験をお持ちの方も少なくはないと思います。

    中には、普段はいびきをかかないのに、疲れたときやアルコールを飲んだ時にだけいびきをかく、という人もいるかと思いますが、これは「散発性のいびき」と言って、健康上は特に問題ありません。

    それに対し、寝ている時はいつもいびきをかく、という人は注意が必要です。

    特に、睡眠中に呼吸が一定の時間止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」は命にもかかわる病気ですので、なるべく早急な対策が必要になります。


     

    睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

    睡眠時無呼吸症候群(SAS)

    睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている時に、10秒以上にわたって呼吸が止まってしまうことが繰り返される病気です。

    医学的には、10秒以上の呼吸停止が、一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、または、1時間あたり5回以上繰り返される場合には睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

    近年では、この睡眠時無呼吸症候群を起因とする事件や事故がニュースでも大きく取り上げられたため、いびきに対する意識も変わってきた方が多いのではないでしょうか?

    他人を巻き込んでしまう交通事故はもちろん、車を運転しない人にとっても、下記のような健康リスクがあると言われております。

    睡眠時無呼吸症候群による健康上のリスク

    • 高血圧リスク(いびきをかかない人のおよそ2.4倍)
    • 脂質異常症(高脂血症)リスク(いびきをかかない人のおよそ3.2倍)
    • うつ病(いびきをかかない人のおよそ2.4倍)

     

    このような症状ありませんか?

    下記に該当する症状がいくつかある場合、睡眠時無呼吸症候群である可能性もあります


    • ちゃんと夜寝ているのに、昼間に強い眠気が襲い、居眠りしてしまうことがある
    • 毎晩大きないびきをかき、自分のいびきで起きてしまうこともある
    • 起床時に口や喉が渇いていることが多い
    • 朝起きたとき、疲れが残っている感じや頭重感・頭痛がある
    • 若いころよりも体重が増えて顔つきが変わったと言われる

     

    あなたは本当に熟睡できていますか?安眠チェッカーによる簡易検査

    安眠チェッカー

    眠りの深さをチェックするため、当院では症状が疑われる方に安眠チェッカーによる簡易検査をおススメしております。

    睡眠時、手のひらにシールを張るだけで眠りの深さを測定してくれます。

    メモリ付きで大変わかりやすく、どこでも使用できるコンパクトサイズ。値段も3枚で800円とお求めやすい価格ですので、まずはご自身の睡眠の質を測定してみたいという方は是非お気軽にお声がけください。


     

    当院でのいびき治療

    当院では、スリープスプリントによるいびき治療を行っております。

    スリープスプリントとは、睡眠時に装着するマウスピースのような装置のことで、主に気道の確保を目的として作成されます。

    スプリントにはいくつか種類があり、保険治療内で作成可能なものから保険適用外のものまで、さまざま。患者さまの状態やご希望に合わせて最適な装置をご提案させていただきます。


     

    取り扱い装置

    装置名 保険適用 価格 備考
    スリープスプリント 10,000円 内科・呼吸器科などの診断書が必要となります。
    スマイルスリーパー.TSD × 30,000円
    サイレンサーSL × 60,000円
    ソムノデント × 150,000円

     

    スリープスプリント作成までの流れ

    1. 内科にて検査診断書・紹介状を取得していただきます。
    2. のもとデンタルクリニックにお電話でご予約ください。
    3. 初診時に、スプリント作成のための型取りをおこないます。
    4. 出来上がった装置の装着感をチェックしながら形を整え、治療位置で固定します。
    5. 約1週間後に装置が出来上がりますので、再度ご来院頂き装着の練習をしていただきます。
    6. ご自宅で睡眠時装着していただき、1週間後、1カ月後に経過観察のためにご来院頂きます。
    7. のもとデンタルクリニックより、内科への報告書を作成いたします。
    8. 報告書をご持参のうえ、内科を再受診していただきます

     

    スリープスプリント作成の注意事項

    1. 保険点数の改正により、作製費用が前後したします。あらかじめご了承ください。
    2. 欠損歯が多い場合は適用されないことがありますのでご注意ください。
    3. 扁桃腺肥大、鼻づまり、顎関節の症状がある方は治療が出来ないことがあります。あらかじめご了承ください。
    4. スリープスプリントの位置を固定する場合はお時間を頂戴します。余裕をもってご来院ください。
    5. 内科、呼吸器科などの診断書がない場合、スプリントの作成は自費扱いとなります。

TOP